準じる。 「準じる」の意味と使い方、類語「準ずる・順じる・応じる・准じる・殉じる」との違い

【準じる】と【準ずる】の意味の違いと使い方の例文

敬語の使い方に不安があるとき、会社のデスクなど手元にあれば心の頼りになる一冊です。 適用(てきよう) 「適用」の意味は「(法律・規則などを)あてはめて用いること」です。 「準優勝」は「(成績を)優勝になぞらえる」となり、「2位」を意味します。

もっと

「準ずる」の意味と使い方5つ・「順ずる」は「準ずる」と同じか

適合する、当てはまる、物事の変化に合わせて対応する です。 「準ずる」も同じ意味で 、ただの言い方違い。 そうしてみると わたし自身がこのメルマガを書くことで 随分と救われてきたと思いますし、 「書く」ことのセラピー効果を実感します。

もっと

【準じる】と【準ずる】の意味の違いと使い方の例文

準じると準ずるの違い 準じると準ずるの意味の違い 準じると準ずるの違いを分かりやすく言うと、 辞書に載っている現代風の読み方か、古い読み方かの違いです。 「仕様は規格に準じる」という使い方であれば、 「この仕様は規格にのっとるもの、従うもの」という意味になる。 「パートの仕事内容については、正社員に準じるものになる。 我が社の成績が伸びないのは、いつまでも前例踏襲主義だからだ。 <準じるの読み方> これは、 「じゅんじる」 と読みます。 自分でも、よく書いてきたなぁ と思います 毎朝、8時に書き始め、 1時間半で書き上げることを目標にしていますが 本文を書くときは、悩むことも多く 2時間を越えることも少なくありません。 本記事では、「準ずる」という言葉を実際に自分が使う際に、自信を持って使えるように具体的な意味や使い方をご紹介していきます。

もっと

「準じる」の意味と使い方、類語「準ずる・順じる・応じる・准じる・殉じる」との違い

ということは、準ずるのほうが正しいのか…? と思ったり。 「準ずる」をはじめとして、日本語には色々な使い方があります。

もっと