広小路 尚 祈。 広小路尚祈とは

楽天ブックス: 今日もうまい酒を飲んだ ~とあるバーマンの泡盛修業~

見飽きた街は、見慣れた街。 でっかい声。 主夫の孤独さが、ひしひしと主人公の姿から伝わってくる気がします。 それはきっと、快適な街であるはずだから。 来歴 [編集 ] 高校卒業後、音楽活動をしながら職を転々とし、ホテルマン、飲料水メーカーのルートセールス、タクシー運転手、不動産会社、消費者金融会社などを経験。 言いたかないけど、寂しいからさ。 高卒の僕からすると、何で? 年間100冊くらいのペースで読んでいます。

もっと

広小路尚祈

うちに帰ろう(『』2010年4月号)• ろくでもない残像(『群像』2008年4月号)• 「あんなアホな人がいるぞ」というように書くのか、「私はこんなにアホなんです」と書くかによって違ってくると思います。 、「まちなか」で第146回芥川賞候補。 初めて真面目に書いたものを嫁さんが面白がってくれたので、ある文学賞へ応募。

もっと

広小路尚祈とは

うちに帰ろう/シレーヌと海老. 雑誌「すばる」に掲載された佳作「シレーヌと海老」も併録。 あの頃は、妻子があるのに収入がない。 色あせて見えた街。 人をじっと見ていて、そこから先を想像する。 共有することで、独りぼっちで悩みがちなママたちの心を少しでも軽くしたい-との願いを込め、広告会社・博報堂の「リーママプロジェクト」のメンバーが名付けた。 さらに、一編ずつが短いのもポイント。 うちに帰ろう(『』2010年4月号)• 娘の未来が生まれて共稼ぎは無理、妻である 沙織 の勤務先の方が福利厚生もきちんとしていて有望だからと、主人公が会社を辞めて専業主夫となる。

もっと

広小路尚祈の一覧

機嫌よく暮らすにはどうしたらいいのかということにも繋がってくるんです。 読書というのは他人の思考を借りることだといいますよね。 街並みの所々がほころび、そこがまた縫い合わされて、修復されて、少しだけ変化することはしばしばあるけれど、ぼんやりとしていたら気づかないほどにその変化は小さく、緩やかであるので、この街はいつまでも変わらないな、なんて思うのだろう。 「祈」の名付けに込めた願い 謙虚さ。

もっと

広小路 尚祈さん

そんな時、その人にも奥さんにもこの視点があればセーフになるのではと思えるんです。 (2015年3月25日 - 2017年3月1日 (毎月第4水曜日更新))• 著書 [編集 ]• だから文学的には語りにくい。

もっと

<わたしの糧ことば・特別編>作家 広小路尚祈さん

たとえば、社会運動を見ていて「私は真理に気付いた、君らは何故気付かない」このように受け取れる場面があります。 、「うちに帰ろう」で第143回候補。 僕が狙っているのはそこです。

もっと