種苗 法 改正 わかり やすく。 種苗法改正・賛成派の意見を考察し、見解を述べる

わかりやすい種苗法改定Q&A【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】|食料・農業問題 本質と裏側|コラム|JAcom 農業協同組合新聞

また新種を開発した人は種を売ったり、ライセンス料を得る機会が増えるので、更に良い新種を生み出せるようになり、種苗産業が発展します。 このグレーゾーンでも「各企業、正しく企業倫理を守って、農家や国民、国家のために動いてくれるよ」というのが賛成派。

もっと

【種苗法の最新情報】「種苗法改正案」の内容と今後危惧されることについて

海外からの出願者に日本国内の代理人設置を義務づける規定• 彼女も現在はこのツイートを削除しています。 (杞憂であればいいのですが・・・) さらに 現行の種苗法は 適応はもちろん国内だけです。 類似の動きが中南米各国で起こり、農家や国民の反対運動が起きた。 つまり農家の知的財産権を保護しよう、というものなのです。

もっと

種苗法改正とは?わかりやすく解説。消費者にとって大変なことになる意味とは?

そこで、種苗法は改正を重ねるごとに育成者権の保護を強化してきた。 ここまで読んだ方なら おいおいおい。

もっと

わかりやすい種苗法改定Q&A【鈴木宣弘・食料・農業問題 本質と裏側】|食料・農業問題 本質と裏側|コラム|JAcom 農業協同組合新聞

種苗法では、新しい品種がつくられ登録されると、その育成者に「育成者権」が与えられます。 Q 種苗法改正案は、種子のいわば著作権を守るためのものだといいますが、どんなものなのでしょうか? A:種苗法は、植物の新品種を開発した人が、それを利用する権利を独占できると定める法律。 つまり、賛成派の「在来種(固定種)も含めた一般品種は影響を受けないから関係ないでしょう」という前提が、 そもそも「見極めることが難しい」という点で崩れており、一般品種に関わる農家の方、関係者、消費者に関わる以上、そのリスクに対して声をあげざるを得ません。 藤井聡らTPP亡国論などを喚きたてていた連中が指摘していた「外資ガー!」「モンサントガー!」「日本が売られる~!」という事態ですが、 種子法廃止の公布がされて3年、廃止が施行されて2年が経ちましたけど、そういう事例はありましたか? 元農水大臣山田正彦のデマ記事 種苗法の詳細については、例えば元農水大臣の山田正彦氏のこちらのインタビューをご参照下さい。

もっと

柴咲コウ種苗法改正発言に乗っかる藤井聡と山田正彦のデマ

自家採取禁止。 彼らにとっては「濡れ手で粟」のようなストーリーにも見える。 現在、私達が食べている野菜や果物、穀物は品種改良が加えられているものも多く、それら品種改良は開発者(種苗企業)が時間や手間をかけて開発をすることが一般的です。 そんなブランドが、全く別の県で作られてたら たまったモンじゃないですよね。 まあJAに丸投げでしょうが…。 それは生きているからです。

もっと

種苗法改正とは?わかりやすく解説。消費者にとって大変なことになる意味とは?

また、農薬において、同社の商品であるラウンドアップだけでも、訴訟関係7万5000件、一兆円を超える和解金の話にまでなる問題を起こしている企業です。 個人的には日本の自治体や企業、個人の方が頑張って品種改良した作物が 海外などに渡ってしまう事は避けたいです。 農産物の安全基. 本記事で使うスライド一式となります。 「ウチ」をわざわざ規制強化することで発生する農家の方への圧迫、そして、アグロバイオ企業が市場へ一層、介入するデメリットを鑑みると、詭弁と言わざるを得ません。 しかも現状では農家のほとんどが自分の作付けしている農産物が 登録品種で自家採種の禁止になるものかどうか知らないとのことです。

もっと

種苗法改正に反対の人は、なぜ反対なのでしょうか?

そもそも種苗法(しゅびょうほう)とは 種苗とは、植物の種や苗のことを意味します 種苗法では 新たな品種創作をした者は、その新品種を登録することで、植物の新品種を育成する権利(育成者権)を占有することができる旨が定められていて 例を挙げると お米の品種『 こしひかり』や『 とちおとめ』などのブランド米や イチゴの『 あまおう』『 紅ほっぺ』などが有名ですね。 「種を制する者は世界を制する」との言葉のとおり、種を自らの所有物にして、それを購入せざるを得ない状況を広げたいのは企業の論理である。 3 質の高い品種登録審査を実施するための措置査内容の充実のため、出願者から審査の実費相当額を徴収するとともに、出料及び登録料の水準を引き下げる。

もっと