詐害 行為 の 受益 者。 詐害信託とはどのような信託ですか?

詐害行為(さがいこうい)とは|M&A用語集 |M&Aネットワークス

もっとも、詐害行為取消権の対象は、旧民法では「法律行為」とされていましたが、改正民法では厳密な意味での法律行為に限られなり、例えば、弁済や時効中断事由としての債務の承認といった行為も含まれます(424条1項)。 さらに詐害行為の主観的要件として、甲の詐害の意思と丙の悪意が必要となります(旧民法424条)。 その場合,受益者に対してこれに代わる価額賠償を求めることができます(大判大正12年7月10日民集537頁)。

もっと

詐害行為取消権とは?|宅建試験対策用

一 その行為が、債務者が支払不能になる前三十日以内に行われたものであること。 神様の目があれば、相談事例の場合に、C(受益者)が、詐害の事実について知らないのですから、北本さんの会社に対する詐害行為取消請求が認められる余地はありません。 財産の返還又は価額の償還の請求 [ ] 受益者に対する詐害行為取消請求の場合、債務者がした行為の取消しとともに、その行為によって受益者に移転した財産の返還を請求することができる。 また、詐害行為時から10年が経過したときも訴えを提起できなくなります(426条)。 極端な例ですが、委託者がその所有する100万円を全て信託財産として信託を設定するとなると、委託者の債権者は当該100万円をアテにすることができなくなります(実際はそんな単純ではありませんが、イメージしやすい例としてとらえて頂けると幸いです。

もっと

詐害行為取消権

この場合に、債権者は、債務者の詐害行為を取り消し、詐害行為によって責任財産から失われた財産を債務者の責任財産へ戻す事ができる。 責任財産の絶対的な減少の意味 絶対的に減少させる,という言葉の意味がなかなか難しいのですが,簡単に言えば,財産を全体的に考えたときに明らかに財産が減ってしまっている場合を言います。 そして、所論は、そのいわゆる配当要求は、強制執行法上の配当要求ではなく、受益の意思表示であるというのであるが、実定法上、かかる意思表示の効力を認むべき根拠は存在しない。 (46年判決) 「取消債権者のみならず他の債権者の債権の弁済にも充てられるための手続」につき、現行法上「分配の時期、手続等を解釈上明確ならしめる規定を全く欠く」ので、Bが「分配者となつて他の債権者の請求に応じ平等の割合による分配を為すべき義務を負うものと解することはできない」とし、事実上 残念ながらA・Cが分配を受ける方法が無いのです。 「破産者が破産債権者を害することを知ってした行為の否認」には,以下のの要件が必要となります。 2017年の改正前の旧424条1項は「の取消し」としていたが、詐害行為にはなど厳密には法律行為に含まれないものも含まれるため「行為の取消し」に変更された。 そのため、債務者が受益者に対する債務の弁済のために金銭等を給付した行為が取消された場合には、当然ながら、受益者の債務者に対する債権は復活します(425条の3)。

もっと

詐害信託とはどのような信託ですか?

これは、取引の安全を図るために要求されています。

もっと

最平46.11.19|詐害行為取消権の按分可否

受益者等が,債権者に対して支払等を行った場合には,債務者に対し,重ねて支払等をすることを要しないことも明記されました。 2017年の改正前の426条は「債権者が取消しの原因を知った時」とされていたが、判例では債務者が債権者を害することを知って法律行為をしたことを債権者が知った時と解されており、2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で明文化された。 一 第425条の2に規定する行為が取り消された場合 その行為が受益者に対する詐害行為取消請求によって取り消されたとすれば同条の規定により生ずべき受益者の債務者に対する反対給付の返還請求権又はその価額の償還請求権 二 前条に規定する行為が取り消された場合(第424条の4の規定により取り消された場合を除く。 3 最後に,長期の制限期間が20年から 10年へと短縮されています。 その状態で、Bが第三者 受益者 Cにその土地を贈与してしまったら、債権者Aは取り立てができなくなり困るわけです。

もっと

詐害信託とはどのような信託ですか?

無資力状態は詐害行為のときだけでなく、取消権行使(事実審の口頭弁論終結時)のときにも無資力状態であることが必要である。 例えば、債権者Aが債務者Bにお金を貸し、債務者Bは無資力で土地以外財産を持っていなかったとします。 4 債権者は、その債権が強制執行により実現することのできないものであるときは、詐害行為取消請求をすることができない。 ) その行為が受益者に対する詐害行為取消請求によって取り消されたとすれば前条の規定により回復すべき受益者の債務者に対する債権 詐害行為取消権の期間制限 [ ] 詐害行為取消請求に係る訴えは、債務者が債権者を害することを知って行為をしたことを債権者が知った時から2年を経過したときは、提起することができない(426条前段)。 理 由 上告代理人秋山光明の上告理由第一について。 債務者がその反対給付の返還をすることが困難であるときは、受益者は、その価額の償還を請求することができる(425条の2)。

もっと

債権者の味方、詐害行為取消権についておさえておくべきポイント~債権法改正を踏まえて~

といっても、実際には、弁護士に相談しないと対応は難しいでしょう。 具体的には下記の行為が詐害行為に該当する。 2 債権者が第四百二十四条の六第一項後段又は第二項後段の規定により価額の償還を請求する場合についても、前項と同様とする。 転得者がその財産の返還をすることが困難であるときは、債権者は、その価額の償還を請求することができる。 従いまして、遺産分割協議は、「相続財産が誰に帰属すべきか確定させるものだから、性質上、財産を目的とする法律行為」(最判平成11年6月11日)です。 債務者がその反対給付の返還をすることが困難であるときは、受益者は、その価額の償還を請求することができる。

もっと